ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】阿波尾鶏 手羽先 いずみ

【フレンドマーケット】阿波尾鶏 手羽先 いずみ

2015/11/5

「もう一本!」 病みつきになる阿波尾鶏と秘伝の味付けの舌福感をどうぞ

イメージ画像

健康的でエネルギーにあふれた徳島名産「阿波尾鶏」

イメージ画像

「阿波尾鶏手羽先 いずみ」の手羽先のから揚げは、徳島県の地鶏「阿波尾鶏」を使用しています。阿波尾鶏は、徳島県の夏最大のイベントである“阿波踊り”の強烈なエネルギーと、健康的な躍動感で力強さみなぎる郷土色豊かな鶏という意味をこめ命名されました。
豊かな自然の中でのんびり育ち、広い鶏舎を元気に動き回る阿波尾鶏。肉はやや赤みを帯び、甘みとコクのある旨味をたっぷりと含み、低脂肪かつ適度な歯ごたえとやわらかさ、もっちりジューシーな食感を持っています。肉の旨味成分であるグルタミン酸等の含量が他種に比べて多いことや、肉の熟成度が高いため解凍してもドリップが少なく、品質が劣化しにくいことも特徴です。平成10年度には「地鶏」特定規格の基準を満たす地鶏の中で生産量が全国1位となり、日本のトップブランドに成長しました。

阿波尾鶏を一番おいしく食べてもらうために <いずみのこだわり>

イメージ画像

徳島県の地鶏「阿波尾鶏」に、絶妙な味付けをしたいずみの手羽先のから揚げは、辛すぎず非常に口当たりの良いものになっており、大人も子供も癖になること間違いなし。外はパリパリサクサクで、中はふっくらやわらかでジューシー。一口食べたら肉汁があふれ出します。
手羽先の味付けは昔から伝わるいずみ秘伝のもの。食べた誰もが「もう1本!」と病み付きになります。また、手羽先は食べやすいように1つ1つ丁寧に手作業で骨抜きをしています。これにより、食べる際に簡単に肉と骨を分けることができ、余すところなく身を味わえます。手間隙かけた「阿波尾鶏 手羽先 いずみ」自慢の手羽先のから揚げを、ぜひ1度ご賞味ください。

「阿波尾鶏 手羽先 いずみ」は徳島県南部にある小さな町の小さなお店です。
この町を元気にしたい。この町をたくさんの人に知ってもらいたい。
その想いから地元の特産である地鶏・阿波尾鶏の手羽先のからあげは生まれました。洒落た町じゃない。洒落た店じゃない。だけど、何か温かさを感じる小さな町の小さなお店です。徳島県海陽町の小さなお店からたくさんの温かさを全国のみなさまにお届けします。


阿波尾鶏(あわおどり) 手羽先 いずみ
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字上中須97-4
tel. 0884-73-1780
お問い合わせはこちら


阿波尾鶏 手羽先 いずみの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 海陽町)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。

フレンドエリアについて詳しくはこちら>>

一覧へ