ホーム>モンベルクラブ>インフォメーション> 【フレンドマーケット】地ビール製造所 やくらいビール

【フレンドマーケット】地ビール製造所 やくらいビール

2017/8/29

薬莱地区に湧き出る天然水とドイツ伝統の技術が生み出す香り豊かな熟成ビール

イメージ画像

できたて、そのまま! 鮮度抜群の地ビール

イメージ画像

宮城県北部の自然豊かな町・加美町。加美町には、町内のさまざまな場所から望むことができる薬莱山(やくらいさん)があり、その秀麗な容姿から別名「加美富士」とも呼ばれ親しまれています。薬莱山周辺はリゾート地としても人気が高く、このエリアにある「地ビールレストランぶな林」でやくらいビールを楽しむことができます。

イメージ画像

地ビール製造所 やくらいビールの始まりは、平成11年に当時の町長が、自然環境を守りつつ近隣地域との交流を図りながら、加美町の活性化に繋げようと取り組まれたことがきっかけだそうです。加美町に来られたお客さまに楽しんでいただこうとオープンした「地ビールレストランぶな林」では、お客さまにビールを提供するだけでなく、ビールの製造も行われています。地ビールの製造には、本場ドイツから招いた製造技師(ブラウマイスター)から受け継いだ伝統の技術が生かされています。
近年では、限定商品の製造にも力を入れており、スタイルの違うさまざまなビールを味わうことができます。レストラン内では地ビールの仕込み釜も見ることができ、鮮度抜群の地ビールを味わいながら、人気メニューの「地ビールシチュー」や、旬の地元食材を使った料理が楽しめます。

生きた酵母が生み出すおいしさ

イメージ画像

やくらいビールは、加美町薬莱地区に湧き出た天然水「船形の氷水」を使用し、ビールの本場ドイツ産原料にこだわって醸造されています。どのビールも熟成にゆっくり時間をかけ、その味と香りを充分に引き出す製法をとられています。瓶詰めは、1本1本確認しながら手作業で行われているため、安心してご賞味いただけます。

イメージ画像

岡山大学の協力により開発された限定商品「復興エール」は、塩害と湿害に強い大麦を交雑して開発された新しい品種を地元加美町に作付けし、収穫された大麦を一部使用してつくられた逸品です。実際に津波被災した土壌での栽培にも成功し、復興支援プロジェクト活動にも貢献されています。
地元の自然の恵み、そして人々の想いが詰まった「やくらいビール」、ぜひ一度ご賞味ください。

【地ビール製造所 やくらいビール】
〒981-4375
宮城県加美郡加美町字味ケ袋薬莱原1-81

お問い合わせはこちらから>>

地ビール製造所 やくらいビールの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 加美町)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。

フレンドエリアについて詳しくはこちら>>

一覧へ