西表島カヌーツアー風車

体験・ツアー・自然学校

店舗案内

イメージ画像

西表島のマングローブに近づくにはカヌーが一番。初心者、女性の方でも安心してツアーに参加できるよう、ガイドが漕ぎ方から説明します。見所の多い西表島ですが、特におすすめなのが、沖縄県で最大の落差を誇るピナイサーラの滝。カヌーだけでなく、トレッキングコースも充実しています。
滝上からの絶景、夏場の滝つぼでの水遊びは、滝を訪れた人の誰をも西表のとりこにします。西表島で楽しむための服装、装備に関しては「風車」のスタッフにご相談ください。

イメージ画像

1:ピナイサーラの滝(滝うえ、滝つぼ)カヌー&トレッキング 11,000円 7時間前後(昼食、茶菓子付き)
2:ピナイサーラの滝&由布島水牛車観光 11,000円 7時間前後(軽食、茶菓子、水牛車乗車券込み)  
3:マングローブカヌー&キャニオニング体験 13,000円 7時間前後(昼食、茶菓子付き)
4:マングローブカヌー&滝あそびいっぱい 11,000円 5才~小学生9,000円  7時間前後(軽食、茶菓子付き)
5:亜熱帯シャワートレッキング&キャニオニング 11,000円 6時間前後(昼食、茶菓子付き)
6:ユツンの滝 ジャングルトレッキング&ケイビング 13,000円 7時間前後(昼食、茶菓子付き)
7:アダナデの滝カヌー&シャワートレッキング 15,000円 7時間前後(昼食、茶菓子付き
8:幻の滝(ナーラの滝)カヌー&トレッキング 15,000円 7時間前後(昼食、茶菓子付き)

上の「Google」のロゴをクリックすると、Googleマップでこの地域を表示します。

地域沖縄(沖縄県)山域九州

住所
〒907-1541
八重山郡竹富町上原870-60

TEL0120-04-4959

Webサイトhttp://kazaguruma-iriomote.jp

Eメールo-shu@sage.ocn.ne.jp

モンベルクラブ会員特典

ミネラルウォーター500ml 1本プレゼント
※1グループさままでOK
※ご予約時に会員さまである旨をお伝えください。

交通案内

上原港及び周辺の無料送迎あり
石垣島より日帰り可能

関連情報

冬の沖縄・西表島より

イメージ画像

亜熱帯の島、西表島は12月から3月までは天気が安定せず、強い北風と雨量は少ないながらも雨の日が多い。ただ、冬型の天気がいったん緩むと気温が25℃前後の蒸し暑い日が数日間続く。そんな冬の西表島でのカヌー&トレッキングを楽しむための服装について紹介したい。

シューズ:サワートレッカーGORE-TEX オールラウンドソックス
パンツ:ストームクルーザー・パンツ
シャツ:ジオライン3Dメッシュ・ロングスリーブTシャツストームクルーザー・ジャケット

気温は20℃前後で推移し、寒い日でも15℃前後である。年に一、二回は10℃近くまで下がることはあるが、問題は気温よりも季節風、「強い北風」である。風対策としてレインウエアは有効である。ちなみに気温が15℃近くになったときはサワーボディタイツをはいている。
西表でのトレッキングは川沿いの岩場を歩くことが多く、滑りやすい。そして浅い川に足をつけることも多いので、シャワークライミング用のシューズを強く推奨する。
トレッキングコースとしてメジャーでないところはヒル対策も必要で、ネオプレンストリームスパッツが有効である。
風が強く、曇り空だと肌寒く、風が弱まり、晴れ間が見えると蒸し暑くなる。この季節は脱いだり、着たりの繰り返しである。

(写真は2008年1月19日撮影 ヒナイ川にて)