ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】佳豊庵(かほうあん)

【フレンドマーケット】佳豊庵(かほうあん)

2014/10/1

フルーツ農家が作るフルーツ菓子工房

イメージ画像

フルーツに魅せられて

イメージ画像

太田さんは、学生時代に食品栄養を学び、卒業後はカフェ経営を経験。その後、明治時代から続く和歌山のかんきつ農家・観音山フルーツガーデンに入社、フルーツの世界に入られました。そこで農業の6次産業化施策として加工場の立ち上げにかかわり、“体に優しい”・“美味しい”をテーマにドライフルーツ、シロップ、ジャムなどの加工品の開発・製造を経験します。さらにフルーツを楽しむひとつの方法として、美しく見せるためのフルーツカッティングを学ぶと、地元テレビや新聞など多数のメディアに取り上げられ、フルーツの多彩な楽しみを伝える仕事に取り組まれました。

イメージ画像

2012年、家族で岡山に移住し新規就農。ピオーネの栽培を行いながら前職で培った経験を生かして、ドライフルーツ等への加工、スイーツの開発製造販売、フルーツカッティングの提供など、フルーツに関するさまざまなことにチャレンジしています。
2018年からは、ピオーネ栽培だけでなく、果樹の少量多品種栽培に移行しました。年間を通してフルーツを生産しながら、加工メインの農家として6次産業化に取り組んでいます。商品は、各地のマルシェや百貨店、JR岡山駅、倉敷平翠軒などで販売されています。管理栄養士、ジュニア野菜ソムリエの資格もお持ちで、その知識は現在の仕事にも活かされています。

自家製フルーツの自然なおいしさを伝えたい

イメージ画像

佳豊庵でのフルーツ栽培は、「自然や体に優しいものは、美味しい」という理念のもと、除草剤は一切使わず、農薬の使用も最低限にとどめています。
生産から加工・販売まで一貫してフルーツを扱う中で、「農家が作る高級スイーツNo.1」を目指しつつ、日本のフルーツの素晴らしさ、美味しさを楽しさと一緒に国内外多くの方に伝える努力を続けられています。この活動を通じて日本の豊かな田舎の原風景、文化をも次世代に繋げていきたいとの想いをお持ちです。人と人との幸せをつなぐ農業・製造をモットーにするフルーツを、ぜひいちどご賞味ください。

【フルーツ栽培】
・自然の力をそのまま生かし、農薬は極力控え、無農薬または減農薬で栽培を行います
・除草剤は使用せず、草管理は常に自分たちで草を刈ることで対応しています。

イメージ画像

【ドライフルーツ】
砂糖、添加物を一切使わない製造にこだわっています。甘味、旨みだけでなく栄養もギュッと詰まった皮付ピオーネ丸ごとのドライフルーツや、干し柿とは全く食感が異なるサクサク食感が楽しめる歯切れの良いやさしい甘みの柿のドライフルーツなどの種類があります。

【その他スイーツ】
・添加物等を加えず、すべて手作りで製造しています。

イメージ画像

【佳豊庵(かほうあん)】
〒709-2403 岡山県加賀郡吉備中央町案田139
tel. & fax. 0867-34-0539
お問い合わせはこちら

佳豊庵の取扱商品

農業女子PJ

イメージ画像

【農業女子メンバー 太田佳美さん】
就農以前、柑橘農家にて加工場の立ち上げに携わり、フルーツ加工品の開発や製造を担当しました。生産への関わりは僅かでしたが、自然との触れ合いや自分の農産物を持つことへの憧れが芽生えました。出産を機に夫の出身地への移住を決意、新規就農を果たしました。

「農業女子プロジェクト」オフィシャルページ

新着情報一覧へ