ホーム>モンベルクラブ>インフォメーション>【フレンドマーケット】くじゅう高原 地ビール村

【フレンドマーケット】くじゅう高原 地ビール村

2017/8/29

久住高原の自然の恵みと、醸造家の情熱がこもった「大分の味」

イメージ画像

こだわりの醸造法により、高い品質と味わいを保もつビール

イメージ画像

大分県竹田市の自然豊かな久住高原に、久住高原ビールの醸造工場はあります。久住高原は阿蘇くじゅう国立公園に属しており、雄大な久住連山と阿蘇五岳の双方を望むことができる、「豊かな自然、澄んだ空気、自然ろ過の天然水」が揃った大分の水郷です。

イメージ画像

地ビールに使用している久住連山の天然伏流水は、久住連山に降りそそぐ雨や雪が長い年月をかけて自然濾過されたもの。この地でビール作りをはじめた際、水が良いと、こうも味が違うものかとスタッフの皆さんは大変驚かれたそうです。雑味や不純物の少ない名水で麦芽を煮込むことにより、麦のうまみがしっかりと抽出され、まろやかで雑味がなく、香りも良く、麦芽に含まれるビタミンも損ないません。自然濾過の天然水は、麦芽のうまみを最大限に引き出す力を持っています。 地ビールは温度変化によって味わいも変化するもの。お好みに合わせて8度~20度にしていただくと風味をより一層楽しめます。ぜひ、ワインを飲むようにじっくりと時間をかけてお楽しみください。

酵母菌を生かしたビール

イメージ画像

小規模の工場で一から醸造する地ビールは、全ての工程を手作業されています。少人数で醸造することによって高い品質と味わいを保つよう、こだわっています。また、香料や着色料を一切使用していないため、素材本来の豊かな香りや深い色合いを楽しむことができるのです。

イメージ画像

久住高原ビールの一番の特徴は、酵母菌を残したままのボトリングを可能にした点です。酵母菌の中にはミネラルや食物繊維、ビタミンBといったさまざまな栄養素が含まれています。しかし、酵母をそのままボトリングすると、その酵母菌の影響で発酵が進み、長期の保存が難しくなります。 そこで、研究を重ね酵母菌を生かしたまま長期保存する技術を発見し、製造特許を取得されました。3段階の熱処理により酵母菌を眠らせ、飲み頃に目覚めさせます。熱処理をおこなっているため、「生ビール」と謳うことはできませんが、熟成された奥深い味わいのビールに仕上がります。

【くじゅう高原 地ビール村】
〒878-0205 大分県竹田市久住町白丹7575-1

お問い合わせはこちら

くじゅう高原 地ビール村の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン竹田市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。

フレンドエリアについて詳しくはこちら

一覧へ