ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】ふく太郎本部

【フレンドマーケット】ふく太郎本部

2019/5/31

福岡県北九州市から、技を極めた職人が捌く奥深く豊かな味わいのフグをお届けします。

イメージ画像

割烹料理店として創業60年。フグ料理を届けて35年。

イメージ画像

ふく太郎本部は、九州の玄関口、海と山に囲まれた自然豊かな福岡県北九州市門司にあります。フグが集まる市場として「下関 南風泊市場」が全国的にも有名ですが、関門海峡を隔てた門司港エリアもフグの産地として昔から栄え、この地域ではフグの事を“福”にかけて“ふく”と呼んでいます。ふく太郎本部は現社長である古川幸弘の祖父が、昭和33年に下関で割烹料理店を構えたのが始まりです。昭和58年には、現社長の父が全国に先がけてフグ料理の宅配専門店「ふく太郎本部」を創業し、現在に至ります。

「ふく太郎オリジナル」品質とおいしさへのこだわり

イメージ画像

ふく太郎本部は、1年中、国産フグだけを取り扱うフグ専門店です。 他魚を扱わない代わりに、弊社社員はフグの品質をより厳しくチェックする技術や加工技術についてのエキスパートばかりです。また、安心・安全なフグをお届けするために徹底した衛生管理を行い、フグ業界で初のHACCP(国際的基準の食品製造時の安全確保のための管理手法)を取得しました。製造工程ごとに作業場、倉庫、冷蔵庫など、 部屋を20近くに仕切り、各部屋ごとに衛生管理をしています。 原料の搬入から、製造、出荷、清掃はもちろん、社員の教育にいたるまでHACCP手法を取り入れ、いっそうの品質向上を心がけています。

イメージ画像

フグ刺しは目で楽しみ、舌で喜ぶもの。お客さまに最高の味わいをお届けするには、熟練の技が欠かせません。ふく太郎本部では、「ふぐ処理師免許」を保持する18名の中でもさらに日々腕を磨いた包丁師達が処理を行います。また、フグのうまみをさらに引き出せるよう、素材を吟味しこだわり抜いて、ポン酢と薬味もオリジナルのものをご用意しています。ふく太郎本部では、おいしいふぐを安心して召し上がっていただけるよう、お客さまに喜んでいただけるよう、社員一同、日々心がけています。技を極め、美しさとうまさを最大限に引き出したフグをぜひ一度ご賞味ください。

【ふく太郎本部】
〒801-0802 福岡県北九州市門司区白野江1丁目21-24
tel. 093-341-2951
お問い合わせはこちら

ふく太郎本部の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 北九州市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ