ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】道の駅のと千里浜(ちりはま)

【フレンドマーケット】道の駅のと千里浜(ちりはま)

2019/7/8

石川県羽咋(はくい)市の道の駅から、能登の「いい」がギュギュっと詰まった商品をお届けします。

イメージ画像

地元愛たっぷり。能登羽咋の「いい」がギュギュっと詰まった道の駅

イメージ画像

石川県羽咋市は、世界農業遺産に認定された能登半島の玄関口にあり、豊かな里山と里海が広がっています。春は山菜、夏は天然岩がき、秋はお米、冬はカニと季節ごとにさまざまな自然の恵みを味わうことができます。また、日本で唯一車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」、本物の月の石や宇宙船などが展示されている宇宙博物館「コスモアイル羽咋」など、世界に誇れる見どころがたくさんあります。

イメージ画像

道の駅のと千里浜は「千里浜なぎさドライブウェイ」の千里浜インターチェンジ近くに、2017年7月7日にオープンしました。羽咋市の魅力を全国に発信するため、自治体と商工会をはじめとして地元企業が出資し、地域一丸となって設立しました。爽やかな「白」を基調に、農産物を生み出す「土の色」をテーマカラーとしています。羽咋や能登の「いい」がギュギュっと詰まった、地元愛たっぷりな道の駅を目指しています。

能登の「いいもの」お届けします。

イメージ画像

道の駅のと千里浜では、羽咋市が特産化を目指して取り組む「羽咋米」や「のとしし」を取り扱っています。「羽咋米」は、市とJAが共同で生産する、肥料や農薬をまったく使わない自然栽培のお米です。自然栽培は、作物だけに注目するのではなく「土とタネに本来のちからを発揮してもらえるように人がお手伝いをする」という姿勢で行います。自然の持つ力を最大限に引き出して育てた羽咋米は、雑味がなく、噛むほどに広がる自然な甘みと、はらりとした粒立ち感・モチモチ感を味わえます。能登産天然イノシシ「のとしし」は、増え続ける農作物の被害を防ぐためにイノシシを捕獲し、貴重な資源として活かそうと、おいしいお肉として加工・販売を行っています。豊かな自然の中で育った「のとしし」は、低カロリーで栄養満点。冬はボタン鍋、夏は焼肉がおすすめです。

イメージ画像

道の駅のと千里浜の直売所「かわんちまーと」では、羽咋米をはじめ、農薬や肥料、除草剤を使わずに栽培した農産物や、能登産天然イノシシ「のとしし」を使ったお肉や加工品を豊富に取りそろえています。また、春には菜花やスナップエンドウ、夏にはスイカやブドウ、秋には柿、イチジク、サツマイモ、冬には大根やリンゴなど、四季折々の農作物が豊富に並びます。その他、地元のお菓子屋さんのお菓子や、道の駅オリジナル商品もたくさんご用意しています。能登の「いいもの」を取りそろえた道の駅のと千里浜へぜひお越しください。

【道の駅のと千里浜(ちりはま)】
〒925-0054 石川県羽咋市千里浜町タ1-62 
tel. 0767-22-3891
お問い合わせはこちら

道の駅のと千里浜の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 羽咋市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ