ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】アグリスリー

【フレンドマーケット】アグリスリー

2019/8/2

千葉県横芝光町で元パティシエの園主が創る、人と人とをつなぐ梨

イメージ画像

元パティシエの園主がつくる「日本一キレイな梨園」

イメージ画像

アグリスリーは、千葉県横芝光町で梨を中心に、米や野菜などを栽培しています。この地域は、海に囲まれた温暖な気候と火山石灰土壌であることから、梨の栽培にとても適した環境です。千葉県の梨の最盛期は真夏の8月頃にあたり、もっとも旬の時期が皆が梨を食べたくなる時期と重なるため、千葉県の梨は全国的にもおいしいという印象があり、古くから愛されています。

イメージ画像

梨園の園主は元パティシエという経歴の持ち主。パティシエならではの経験を活かした梨づくりで、自らも納得のできるおいしい梨を追及しています。
梨園はケーキ屋さんで言えばショーケース。一本一本の木は、ケーキの種類です。手作りでありながら均一に並べられたショーケースのケーキのように、アグリスリーの梨の木は、木の配置や枝の間隔など、すべてが整然と並んでいます。均等であることで、風の抜け方や太陽の当たり方にムラが無くなり、どれをとっても高品質でおいしい梨に仕上がるのです。細部まで手が行き届いた様子から、アグリスリーの梨園は「日本一キレイな梨園」とも言われています。

おいしい梨で「おもて梨」

イメージ画像

アグリスリーの梨は2つのおいしさの秘訣があります。
①独自の栽培技術で甘さと大きさアップ「2本主枝一文字仕立て」
通常の梨づくりでは、幹から生える太い枝を4本にして栽培するのが一般的ですが、当園では太い枝を2本にして栽培しています。4本のところを2本にしているので、1本あたりにいきわたる栄養分が多くなり、「甘くて大きい梨」が収穫できます。
②鮮度が大切「収穫してから時間をかけずに発送」
植物は生き物なので、収穫した後でも梨は呼吸を続けています。そして呼吸をするために糖を消費します。つまり、収穫してから時間が経過するとともに、糖度は低下していくのです。皆さまにはよりおいしい梨を味わっていただくため、早朝から甘そうな梨を収穫し、できる限りその日のうちに発送しています。

イメージ画像

私たちは、「梨作りが人の輪作り」、「梨でおもて梨」の理念に基づき、お客さまとお付き合いさせていただいています。この二つの言葉には「人との関わりが好き」「みんなに喜んでもらうのが好き」そして梨のおいしさや収穫の喜びなどの「農業の魅力を伝えたい」という気持ちが詰まっています。
「梨園」や「梨の直売所」は梨を生産し、売るだけの場所ではありません。収穫の喜びやもぎたてのおいしさを知る場所、お客さまの喜ぶ顔や生の声を感じる場所、皆さま一人一人に合った梨に巡り逢う場所、 農業を通じて社会や地域に貢献する場所です。そして最終的には、皆さまにとって無くてはならない場所になることを目指しています。

【アグリスリー】
〒289-1754 千葉県山武郡横芝光町坂田112
tel. 0479-82-7441
お問い合わせはこちら

アグリスリーの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 横芝光町)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ