ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】古民家カフェ「柑乃屋(かんのや)」

【フレンドマーケット】古民家カフェ「柑乃屋(かんのや)」

2020/5/15

有田川とみんなを紡ぐ「ぶどう山椒」と「ミカン」を使ったおいしい七味

イメージ画像

有田川の「ぶどう山椒」を全国に!

イメージ画像

海と山と川に囲まれた温暖な地域である和歌山県は、果物作りには最適の環境です。有田川町は和歌山県の真ん中に位置し、「有田みかん」の生産地として全国に知られ、12月には町全体がみかん色に染まります。みかんのイメージが強い町ですが、私たちが世に広めたい「ぶどう山椒」は、実は有田川町が日本一の生産量を誇る隠れた産品です。ぶどう山椒はブドウのように大きな実が特徴で、6月の収穫期には山が緑色に染まります。

イメージ画像

古民家カフェ「柑乃屋」は、髙垣司・千恵夫妻が、地域の人達の憩いの場であると同時に本職である介護の事業所の障がい者が働く場として2018年4月にオープンしました。有田川を元気にしたいと活動する中で、有名な有田みかんに加えて、生産量が日本一である香り高いぶどう山椒をたくさんの人に知ってほしいという思いから、ぶどう山椒をふんだんに使った商品の開発に力を入れてきました。

有田川町の自然と、温かい人の思いを紡いで出来た調味料

イメージ画像

有田川の魅力を伝える商品を作りたいという思いで、地元の特産品を使った「紡き七味」ができあがりました。レシピは地元の農業高校の生徒が、地域貢献の授業の一環として数年がかりで作り上げたものです。有田川町の「ぶどう山椒」や「ミカンの陳皮」など、自慢の地元素材をふんだんに使った逸品です。

イメージ画像

有田川町の自然と温かい人の思いを「紡いで」作った調味料「紡ぎ七味」は、古民家カフェ「柑乃屋」からの贈り物です。爽やかな香りと凝縮されたうま味、上品な辛みは、一度食べたらやみつきになる味です。ぜひ一度お試しください。

【古民家カフェ「柑乃屋(かんのや)」】
〒643-0813 和歌山県有田郡有田川町西丹生図456
tel. 0737-22-7028
お問い合わせはこちら

古民家カフェ「柑乃屋(かんのや)」の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 有田川町(ありだがわちょう))で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ