ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】高橋畜産

【フレンドマーケット】高橋畜産

2020/10/22

山形の自然に囲まれて愛情いっぱいに育った高品質のブランド牛

イメージ画像

豊かな自然に囲まれた牧場で牛たちの声を聴く

イメージ画像

高橋畜産は山形県・宮城県の5つの直営牧場で高品質のブランド牛を育てています。全国有数のブランド牛である「米沢牛」と「山形牛」、高橋畜産オリジナルブランドの「蔵王牛」の3種の牛が、肥育に最適な環境で育ち出荷されます。牧場はすべて澄んだ空気と清涼な水が豊富で、四季がはっきりとした東北の山麓の気候のなかにあり、牛舎はゆったりとして清潔に保たれ、牛たちが気持ちよく快適に過ごせるような環境づくりを実現しています。牧場の保有面積は全体で東京ドーム約37個分。牛舎の数も100棟を超え、牛の保有数に伴い増設しています。

イメージ画像

おいしい牛肉の生産者としての私たちのこだわりのひとつは、牛とたくさん話し、たくさん声を聴き、「牛の言葉がわかるようになる」ことをスタッフ全員が目指しているということかもしれません。一頭一頭に声をかけ、細かく気を配り、毎日欠かさずに健康状態を確認します。優れた血統に潜むポテンシャルが十分に発揮されるよう、すくすく元気に育ってもらうのが職人の腕の見せどころ。私たちが育てあげる牛肉は健康的なおいしさに溢れ、肉のプロからも高い評価を獲得しています。牛への深い愛情と理解。それこそがおいしさの原点なのです。

おいしい笑顔あふれるお肉を届けるために

イメージ画像

創業当時から「おいしくて、笑顔あふれる、そんなお肉を食べてもらいたい」という思いがあります。飼料は牛の肉質づくりに大きく影響するため、独自の設計にこだわっています。トウモロコシや大麦、小麦ふすまなどを主原料に、長年の研究と経験を生かして配合したオリジナルの飼料です。牛の種類や育成の段階などによっても、飼料の設計や配合を変えており、それぞれの牛一頭ごとの健康な育成に最適な給餌をこころがけています。

イメージ画像

私たちが考えるおいしい肉の決め手は「鮮度」です。創業から70年以上の年月をかけて、他にはない独自の流通体制「T1(高橋畜産食肉一貫生産体制)」を構築しました。繁殖、育成から販売までのほぼすべてを自社で行うため、流通はシンプルでスピーディでダイレクト。最高鮮度の肉を提供できる仕組みです。より安心・安全な食肉をお届けするため、各種認証の取得も行い、一層の衛生管理に取り組んでいます。

■各種認証の取得について
・「ISO 22000」認証取得(食品安全マネジメントシステムの国際規格)
・「農場 HACCP」認証取得(農林水産省による畜産農場の衛生管理に関する認証制度)
・蔵王ファーム山形蔵王牧場が「JGAP」認証取得(食の安全や環境保全への取り組みが、第三者機関の審査に確認された農場に与えられる認証)

【高橋畜産】
〒990-2211 山形県山形市大字十文字1639番地
tel. 023-664-1729
お問い合わせはこちら

高橋畜産の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドエリア 月山・朝日・飯豊・蔵王)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ