ホーム>モンベルクラブ>インフォメーション>【フレンドマーケット出店者】中野市豊田農産物加工施設

【フレンドマーケット出店者】中野市豊田農産物加工施設

2017/4/27

日本の原風景が広がる自然豊かな中野市豊田から、手作りのアップルパイをお届けします

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

女性だけで運営する中野市豊田農産物加工施設は、施設の指定管理を務めながら地元信州中野の農産物の加工品を作っています。施設発足のきっかけは、りんご農家のお母さんたちの「規格外で処分するりんごがもったいない」という思いからでした。特産のりんごの付加価値を見出そうと、平成10年に出資金を出し合い組合を設立。現在はおやき、菓子、味噌の3部門で構成され、材料となる農産物の栽培から、商品開発・加工、販売先への営業まですべて自分たちで行っています。
農村だからできること、女性だからできることを自ら考え実践し、楽しみながら運営しています。ふるさとの味・食文化の継承を含め、地域貢献にも力を入れています。

【経歴】
・平成17年度 全国農山漁村女性チャレンジ活動 農林水産大臣賞受賞
・平成18年度 第45回農林水産祭 日本農林漁業振興会長賞受賞
・平成25年度 6次産業化に基づく認定総合化事業 取得認定

イメージ画像

イメージ画像

長野県北部に位置する信州中野市は、四季の変化に富み、朝夕の寒暖差が甘く芳醇な果樹を実らせます。この地でりんごを中心とした果樹農家のお母さんたちが、見た目が悪いため生食用として販売できない規格外りんごを活用しようと商品開発に取り組み、誕生したのが「おひさまの林檎パイ」です。
「おひさまの林檎パイ」は北信州のさわやかな風とおひさまの陽をたっぷり浴びて育った完熟りんごを皮ごと煮て作っています。りんごを煮込んだ際に出る果汁は、おやきの生地のつなぎに加えるなど無駄なく利用しています。化学調味料不使用のやさしい味わいで、ひとつひとつ手作業で安心安全な商品作りを行っています。りんごの産地で作られる自然な甘さのシンプルなアップルパイ、ぜひご賞味ください。


【中野市豊田農産物加工施設】
〒383-2104
長野県中野市大字永江2211-1
tel. 0269-38-3309
お問い合わせはこちらから>>


中野市豊田農産物加工施設


生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドエリア 信越自然郷)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。

フレンドエリアについて詳しくはこちら>>

一覧へ