フレンドタウン 八雲町

地域 北海道

太平洋と日本海 二つの海を持つまち

北海道の渡島(おしま)半島北部に位置する八雲町。町の東西が海に面する一方、中央部には1,000m前後の山々が連なるエリアです。噴火湾を一望できるパノラマロードの絶景をはじめ、2つの広大なキャンプ施設でのアクティビティのが楽しめます。

エリア案内

イメージ画像

噴火湾を一望! オートリゾート八雲

噴火湾を望めるパノラマロケーションを満喫しながら、キャンプが楽しめるオートキャンプ場。カーサイトやロッジ・五右衛門風呂など設備が充実。子どもが楽しめる噴火湾パノラマパークも隣接しています。(営業期間4月~11月)

イメージ画像

日本海を満喫できる熊石青少年旅行村

深い緑の広大な森林に包まれたキャンプ場。さわやかな木陰の中にあるテントサイトのほか、キノコの形のログハウスや、ケビンも利用できます。周辺には水辺で遊べる「ちゃぷちゃぷ公園」や温泉が楽しめる「あわびの湯」などがあり、大自然の中で心も体もリラックスできます。(営業期間5月~9月)

イメージ画像

雄鉾岳(おぼこ岳)でトレッキング

雄鉾岳(999.3m)は八雲町を代表する山。晴れていれば、日本海と太平洋が一望できる絶景スポット。運が良ければ、遠くの奥尻島などを望むことができます。
【おすすめのコース】登山口→雄鉾沢出合→山頂→登山口(約6時間・4km)

イメージ画像

≪エリアの名物≫

①二海カレー:八雲産の牛乳をベースにしたクリーミーかつスパイシーなホワイトカレー。ホタテや季節の野菜などの地元産食材を味わえる。町内3店舗で提供しており、食べ比べも楽しいご当地カレー。
②八雲山車行列:毎年7月の第1金・土曜日に開催される夏の一大イベント「八雲山車行列」は北海道三大あんどん祭りのひとつとして知られ、約30台の山車が町内を練り歩く。
③木彫り熊資料館:「北海道木彫り熊発祥の地 八雲町」の名にふさわしい北海道第1号の木彫り熊をはじめ、北海道で作られた多様な木彫り熊を展示する資料館。
④オオワシ:町の鳥であるオオワシは、秋に遊楽部(ゆうらっぷ)川を上る鮭を求め、12月から2月にかけて多く飛来する。翼を広げて悠々と飛ぶ姿は大迫力。運が良ければ、1つの木にたくさんのオオワシやオジロワシが羽を休める様子を見られる。

八雲町 商工観光労政課

TEL 0137-62-2116

交通案内

自動車の場合

■札幌から車で約3時間15分
■函館から車で約1時間15分

鉄道の場合

■札幌駅からJRで約2時間40分
■函館駅からJRで約1時間

バスの場合

■札幌から約3時間50分
■函館から約50分

フレンドショップ

イメージ画像

ショッピング

地域北海道(北海道)

噴火湾パノラマパーク内にある、八雲町の食と観光情報の拠点。観光の前後どちらにも立寄りたいスポットです。ここでしか買えない商品もご用意しています。

店舗詳細へ
イメージ画像

ショッピング

飲食店

地域北海道(北海道)

開放的な大パノラマで、噴火湾の絶景と食事が楽しめるレストラン。名物である国産ハーブ鶏のフライドチキンや、注文後一枚一枚丁寧に焼き上げるピザがおすすめです。

店舗詳細へ
イメージ画像

ショッピング

飲食店

地域北海道(北海道)

北海道酪農の発祥の地・八雲町で創業100余年になる元山牧場が運営するカフェ。アイスクリームやソフトクリーム、プリン、低温殺菌牛乳などが味わえます。

店舗詳細へ
イメージ画像

飲食店

宿泊施設

体験・ガイドツアー

地域北海道(北海道)

元銭湯を改築し、営業するゲストハウスとレストラン。八雲町の食・文化・自然を体験できる各種アクティビティも提供しています。

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

キャンプ場

地域北海道(北海道)

噴火湾パノラマパーク内にあるキャンプ場。キャンプサイトからは噴火湾が一望できる最高のロケーション! 施設内の設備や体験プログラムも充実しています。

店舗詳細へ
イメージ画像

温泉・入浴施設

宿泊施設

地域北海道(北海道)

明治初年から源泉かけ流しの湯治宿として営業する温泉旅館。地元食材をふんだんに使ったお食事が楽しめます。

店舗詳細へ
イメージ画像

温泉・入浴施設

宿泊施設

地域北海道(北海道)

雲石峠の麓にある温泉旅館で、渓谷沿いにある露天風呂からは四季折々の景色が楽しめます。入浴後は八雲町の食材をふんだんに使ったお食事が楽しめます。

店舗詳細へ
イメージ画像

飲食店

温泉・入浴施設

宿泊施設

地域北海道(北海道)

太平洋に面し、露天風呂からは噴火湾が一望できる温泉宿。温泉や食事は日帰りの利用が可能で、旬の魚介を使用した絶品グルメが堪能できます。

店舗詳細へ