ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】信州奥志賀高原牧場

【フレンドマーケット】信州奥志賀高原牧場

2016/7/19

餌からこだわった牛乳で作る、一貫生産だからできる極上ヨーグルト。フルーティな香りと濃厚な味わいをお楽しみください。

イメージ画像

信越自然郷、山ノ内町で牛の健康を気づかい、環境に配慮した農業を行っています。

イメージ画像

奥志賀高原牧場は、自然豊かな志賀高原、おさるの温泉の「渋温泉」やりんご「フジ」の特産地として有名な山ノ内町にあります。標高500m以上の中山間地で、夏は涼しく冬は雪が1mほど積もる気候。澄んだ空気とおいしい水が一年中ある場所です。
平均体温が約38度の牛は、暑い場所より涼しい場所を好み、ここでは一年を通してストレスなく快適に過ごしています。牛たちの健康を大切にし、おいしい飼料をどれだけたくさん食べてもらえるかをテーマにして、日々の牛の体長を考えながら給餌。餌は、牛糞にオガクズやモミガラなどの発酵補助材料を混ぜた堆肥と、トウモロコシを乳酸発酵させたものが全飼料の約半分を占めています。そしてこれは、牛から出た堆肥はトウモロコシの肥料になり、採れたトウモロコシを牛に与え、また牛から出た堆肥を…という私たちの目指す循環型の農業のひとつの形でもあります。

牛乳から、ヨーグルトまで、一貫生産だからこそできるこだわりのヨーグルト

イメージ画像

良質のヨーグルトをつくるためには、良質の牛乳が欠かせません。牛乳の年平均の乳脂肪が3.8%以上、無脂乳固形分が8.8%以上になるよう、餌からこだわり、良質な牛乳を出してくれる牛を育てています。そしてこの牛乳に3年以上自家繁殖させた乳酸菌を混ぜ、さらに志賀高原から吹く風の中にある酵母が加わり、20度という低い発酵温度でほぼ一日ゆっくり発酵させることで、奥志賀高原牧場のヨーグルトは完成します。
生まれたヨーグルトは、チーズのような濃い味わいとほどよい酸味を持った、ふんわりまろやかな極上品。口の中にはフルーティな味が広がり、そのあとに牛乳のクリーミーで濃厚な味がやってきます。
牛の飼育・牛乳の生産からヨーグルトの製造までを、一貫したこだわりのもとで取り組む奥志賀高原牧場にしかできない豊かな味わいをぜひご賞味ください。

イメージ画像

【信州奥志賀高原牧場】
〒381-0402 長野県下高井郡山ノ内町佐野1016
tel. 090-1119-6219 fax. 020-4669-7615
お問い合わせはこちら

奥志賀高原牧場の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドエリア 信越自然郷)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ