ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】正凛堂

【フレンドマーケット】正凛堂

2019/5/27

家族代々受け継いだ味。人々に愛され親しまれた美作久世かすてら。

イメージ画像

三代続く老舗かすてら専門店

イメージ画像

正凛堂の起業は、戦前、一代目である伴千明さんが山口県で製菓業に奉公した時にさかのぼります。経験を元に地元の岡山県に戻ってかすてら作りを始め、ごく小さな山村の中でお土産として愛されていました。伴千明さんは好奇心旺盛でかすてら作りにもさまざまな工夫を行っており、その造詣は深いものがありました。

イメージ画像

時代が移り、伴千明さんの娘である瓜生倫子さん夫婦が二代目としてかすてら作りを引き継ぎ、味の組み立て・製法を研究してきました。試行錯誤を重ね、材料を吟味し、一代目のかすてらから一つ上のおいしさを作り上げることに成功しました。多くのファンを集め、その味わいは近県にまで広がって「大量生産では出せない独特の味」「今までのかすてらと違い、しっとりと柔らかい」と、大きな評判を呼びます。
現在は、厳選した材料と味にさらにこだわり、抹茶やユズなど季節の材料を取り入れたりと、新しいかすてらを作り上げています。

正凛堂のかすてらの味に合う材料を

イメージ画像

かすてらはたいへん柔らかくもろい食べ物です。そのため、職人がふっくらと綺麗な形に焼き上げることに神経を使いながら、一つ一つ丁寧に手焼きで仕上げています。かすてら作りにおいては、綺麗に焼くのが難しくなってしまうことや、利幅が少なくなるなどの理由で、たとえ良い材料があったとしてもなかなか扱われにくいというのが現状でした。

イメージ画像

しかし正凛堂は、扱いにくいけれど地元で作られた本当に良い材料を、添加物を使わず正面から使いこなすことを基本としています。
正凛堂の看板商品は「むかしかすてら」と「本焼きかすてら」の2つ。むかしかすてらは、ざっくりとおおらかで素朴な味、本焼きかすてらは、小麦粉、水あめ、砂糖、ザラメ、卵、蜂蜜など、材料すべてに気を使いながら、何よりも味に重きをおいた逸品です。
正凛堂のかすてらは、今も日々おいしく進化しています。

正凛堂
岡山県真庭市多田496-1
tel.0867-42-1474
お問い合わせはこちら

正凛堂の取扱商品

新着情報一覧へ