休暇村 日光湯元

宿泊施設

店舗案内

イメージ画像

シラカバやカラマツ林に囲まれた周囲約2.8㎞の小さな湖、湯の湖。その湖畔に立つのが休暇村日光湯元です。深い緑に溶け込むシックなたたずまいで、暖炉が置かれた吹き抜けのロビーなど、ハイグレードなリゾートホテルを思わせる洗練された雰囲気が魅力です。
旅の疲れを癒すお風呂は、奈良時代に開湯したといわれる日光湯元温泉の源泉から引いた良質の温泉で、高血圧や疲労回復、冷え性などに効果があります。
また、日光にはその昔、多くの修験者たちが集まり修行をしていましたが、食事は菜食中心の精進料理であったため、栄養価の高い湯波を重宝したことが、日光名物「湯波」の始まりとなりました。湯波は高タンパクで低カロリー、カルシウムも豊富です。休暇村では、生湯波、棒湯波、平湯波などをさまざまな調理法でご用意しております。
奥日光の自然、歴史ある硫黄泉、日光名物湯波料理をお楽しみいただけます。
2015年12月リニューアルしました。

・チェックイン 15:00  チェックアウト10:00
・営業期間 年中無休(施設のメンテナンス等による休館がございます)
・部屋数 63部屋 宿泊定員 208人 
・宿泊料金 ※宿泊日や部屋タイプ、ご利用人数などで料金が変わります。詳しくは下記HPをご覧ください。
・日帰り入浴 可 12:00~16:00(受付15:00まで)
・その他の設備や屋外施設
大浴場・露天風呂 12:00~24:00 5:00~9:15
レストラン 11:30~13:00
売店・喫茶 8:00~21:00

上の「Google」のロゴをクリックすると、Googleマップでこの地域を表示します。

地域関東(栃木県)

住所
〒321-1662
日光市湯元温泉

TEL0288-62-2421

Webサイトhttp://www.qkamura.or.jp/nikko/

モンベルクラブ会員特典

2食付きで宿泊の方に休暇村ボールペンをプレゼント
※キャンプ場利用の場合も2食付きプランが対象
※会員さまのみ

交通案内

【電車・バス】
東武鉄道又はJRの日光駅から湯元温泉行きに乗車(東武バスで80分)
湯元温泉下車、徒歩7分。15時以降送迎バス有。
【マイカー】
①東北自動車道宇都宮ICより日光宇都宮道路に入り、清滝ICから国道120号で約30km
②関越自動車道沼田ICから国道120号で70km(※ただし12月下旬~4月中旬は冬季通行止)

関連情報

関連情報は、まだ掲載されていません。

掲載されるのをお待ちください。