ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】姫野一郎商店

【フレンドマーケット】姫野一郎商店

2016/3/24

明治十年創業、大分の椎茸問屋。原木栽培100%の極上乾椎茸をお届けします。

イメージ画像

明治十年創業、大分・竹田の椎茸の歴史とともに

イメージ画像

乾椎茸の生産量が日本一の大分県。中でも弊社が位置する竹田地方は有数の産地として知られています。竹田市は北に九重連山、西に阿蘇山、南に祖母連山といった山々に囲まれ、名水100選に選ばれる湧水群をもつ自然豊かな土地です。この環境がもたらす昼夜の寒暖差と豊富な水源が良質な椎茸を育みます。

イメージ画像

弊社の前身である姫野商店は明治10年、提灯やろうそくを取り扱う商店として創業しました。その後、二代目が乾椎茸などの特用林産物の取り扱いをはじめ、椎茸問屋としての事業が始まりました。昭和になり、原木に打ち込む椎茸菌の素を広め、竹田の椎茸栽培の降盛に尽力しました。姫野一郎商店は、大分椎茸の歴史とともに歩んできたのです。
弊社が創業から最も大切にしてきたことは「生産者を大切にする」ということ。こうして築いてきた信頼関係のおかげで、外国産椎茸が流入してきた時代にも、安全・安心な大分県産100%の原木椎茸を入手することができ、安定した品質を保つことができているのです。

原木栽培100%の乾椎茸へのこだわり

イメージ画像

椎茸は栽培方法によって味や食感、さらには栄養分も変わってきます。弊社では、うま味と栄養がたっぷり詰まった、だしにも料理にも使えるおいしい椎茸を全国へお届けしたいと考えています。そのため、創業から変わらず原木栽培にこだわっています。
原木栽培は植菌をしてから椎茸を収穫するまでに約2年かかります。栽培期間が長く天候にも左右されるため、近年は短期間で安定した栽培が可能な菌床栽培が主流になってきました。現在、量販店で目にする椎茸はほとんどが菌床栽培によるものです。ですが、大自然の中でじっくり育った原木椎茸は、うま味・香り・肉質ともに別格のおいしさです。

イメージ画像

さらに、椎茸は乾燥させることでうま味が増すという希有な食材です。生の椎茸にはほとんど含まれないうま味成分のグアニル酸は、乾燥させることで何倍も豊富になることが分かっています。この事実はすでに江戸時代には分かっていたそうで、味がよく保存もきく椎茸は武家や将軍家でもご馳走として珍重されたそうです。

「椎茸はどれも一緒」だと思っている方、姫野一郎商店のこだわりが詰まった乾椎茸をぜひ一度お試しください。

イメージ画像

【姫野一郎商店】
〒878-0011 大分県竹田市大字会々2718
tel. 0974-63-2853 fax. 0974-63-0528
お問い合わせはこちら

姫野一郎商店の取扱商品

新着情報一覧へ