ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】みなみ丸

【フレンドマーケット】みなみ丸

2018/7/26

高知の海で育まれた安心・安全で美味しいお魚をお届けします

イメージ画像

高知の美味しい魚を最高品質で届けたい

イメージ画像

みなみ丸は日本有数の豊かな漁場「土佐湾」に面する高知県須崎市にあります。土佐湾は黒潮海流が近くを流れるため、魚の成長に適した温暖な海域で、天然魚の宝庫となっています。目の前にある野見湾は、土佐湾沿岸では珍しくリアス式形状の地形に恵まれているため養殖に適し、特にカンパチ養殖は発祥の地として広く知られています。

イメージ画像

代表の森光貴男さんは、以前は漁協組合に勤務されていましたが、この海域で得られる豊富で高品質な水産物をできるだけ多くの方々に届けたいとの思いから、2007年に「お魚工房みなみ丸」を設立しました。2011年に現在の社名に変更され、魚の仕入れや養殖、加工、販売までを手がけています。手間と時間を惜しまず丁寧に選別・加工された魚は、驚くほどの鮮度、味、形、艶色です。

「お客様に高知の魚は美味しいと言ってもらい、高知に遊びに来て欲しい」という熱い思いを持って、今日もみなみ丸の皆さんは、全国に美味しい魚を届けています。

手間と時間を惜しまず丁寧に。魚一尾一尾へのこだわり

イメージ画像

みなみ丸は、業界でも一目おかれるほどの魚一尾一尾へのこだわりを持って管理されています。
養殖においては稚魚の段階から無投薬。ストレスを与えず、ゆったりと飼育できるように一ヶ所で飼育する尾数を制限します。餌は産地や種類を選りすぐった国産の原料にこだわり、生けすの魚に満遍なく餌が行き届くようゆっくりと時間をかけています。小規模養殖だからこそできる手間と時間を惜しまない丁寧な飼育方法は、他に類を見ないレベルです。天然魚は、熟練の目利きが市場に水揚げされた中でも特に品質の良い魚を選別して、仕入れをされています。

イメージ画像

鮮魚を出荷する際はすべて「血抜き」と「神経抜き」の作業を行っています。活け締めをした後、血抜きを行うことで魚特有の生臭さを抑えます。血抜きの後は、魚の鮮度を最大限保つためのこだわり「神経抜き」の作業。特殊な専用器具を鼻から差し込み、脳の中を通り脊髄の神経まで貫通させます。神経抜きは死後硬直を遅らせる効果があり、身の引き締まり方が大きく変わるそうです。 一尾一尾の手作業で、とても手間ひまはかかりますが、最高の魚を届けたいというみなみ丸の皆さんのこだわりがつまっています。

イメージ画像

【みなみ丸】
〒785-0055 高知県須崎市大谷214-8
tel.0889-47-0770
お問い合わせはこちら

みなみ丸の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドエリア 須崎市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

一覧へ