ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】日光小来川(おころがわ)テラス会

【フレンドマーケット】日光小来川(おころがわ)テラス会

2021/3/17

自然を通して小来川の魅力を全国に発信します

イメージ画像

日光の隠れ里、小来川

イメージ画像

小来川(おころがわ)は、栃木県日光市の南東部に位置し、県西部を流れる黒川の源流域にある四方を山に囲まれた静かな地域です。かつては小来川村として一つの自治体を形成していましたが、昭和29年に旧日光町と合併し、今の日光市となりました。小来川地区の木材は古くから東京の木製電柱のおよそ3分の1に使用されており、木材が盛んな地区として知られています。ログハウスの学校もあったことから、近年ではログハウスの聖地としても広く知れ渡るようになりました。

イメージ画像

日光小来川テラス会は、小来川の魅力を地域外の方に感じてもらうため、2017年に地元の青年たち総勢30名で発足しました。
過疎化する里山の魅力を再発見し、林業を通して、愛する小来川地域の未来を照らすという意味を込めて「日光小来川をテラス会」の名称を掲げて活動しています。

持続可能な森林保全活動を進めています。

イメージ画像

林業は50~60年を見据えたサイクルで循環しており、(1)地ごしらえ(2)植栽(3)下草刈り(4)枝打ち(5)間伐(6)主伐の6の行程で成り立っています。小来川テラス会では、(5)の間伐で間引かれた杉を活用した日光杉のスウェーデン・トーチを製造しています。丸太の切り口は、何十回もの燃焼実験の末、最適な作りを実現。ソロキャンプなどで活躍する小来川の魅力的な産品となりました。

林業で生じる間伐材を利用した事業は、自然を守るための持続可能な開発目標の考え方と一致し、非常に価値のあるものだと私たちは考えています。この事業が自然保護の一助になる事を切に願い、今後も活動を続けていきます。

【日光小来川(おころがわ)テラス会】
〒321-1353 栃木県日光市南小来川229-2
tel. 0288-63-3047
お問い合わせはこちら

日光小来川(おころがわ)テラス会の取扱商品

新着情報一覧へ