ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】平野畜産札幌ミートセンター

【フレンドマーケット】平野畜産札幌ミートセンター

2021/7/27

皆さまに幸せと感じていただける味を目指しています。

イメージ画像

二つの海がある町「八雲町」

イメージ画像

八雲牛の生産地である八雲町は、全国で唯一、太平洋と日本海の両方に面している町です。北海道渡島(おしま)半島のほぼ中央部に位置し、豊富な海産物をはじめ酪農、農業などの1次産業が盛んです。北海道地方の近代酪農発祥の地とも呼ばれています。

イメージ画像

平成21年3月に家畜商として創業。牛肉を家庭に手頃な価格でお届けしたいという思いから平成22年6月に肥育事業(八雲牛)を開始し、平成24年4月に商標登録され、同年9月に札幌市東区に札幌ミートセンターを設立しました。現在では札幌市の飲食店を中心に、八雲牛の販売を行っています。

幸せな味を追求しています

イメージ画像

八雲牛は自社牧場で飼育し、札幌の工場で製品加工しています。肥育中は牧場内でストレスがかからないことを重視しており、月数や体の大きさで部屋分けをしています。牧場長をはじめ、牛に関わる一人一人が責任を持ち、一頭一頭丹精込めて育てています。
企業理念の「幸せな味」を追求し、食の安全、安心に対するHACCP(※)の取り組みと食べ飽きない牛肉を目指し、これからも日々努力していきます。

※食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。

イメージ画像

八雲牛のおいしさの秘訣(ひけつ)は、うま味成分がたっぷり詰まった赤身にあります。赤身が多く程よく脂がのっているため、舌触りが良く、飽きの来ないおいしさです。
和牛では楽しめない赤身、乳牛のような臭みがない食べやすさ、ちょっと贅沢な牛肉をご自宅や贈り物にぜひご利用ください。

【平野畜産札幌ミートセンター】
〒007-0848 北海道札幌市東区北48条東5丁目2-7
tel. 011-299-3918
お問い合わせはこちら

平野畜産の取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン八雲町)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ