フレンドスパ 金沢ゆわく

イメージ画像

地域 北陸(石川県)

開湯1300年 金沢の奥座敷、湯涌(ゆわく)温泉

かつては加賀藩御用達の湯、近年は文人墨客(ぶんじんぼっかく)に愛されてきた金沢の奥座敷。里山の自然が今も残る閑静な山間に8軒の情緒あふれる宿が集った温泉街です。

エリア案内

イメージ画像

里山の自然と、風情豊かな温泉街を散策

金沢市街からほど近く、車で30分程のアクセスの良い場所にありながら、豊かな里山の自然が今も残る湯涌温泉。閑静な山間の情緒あふれる湯宿にて、名泉と名高い湯に浸かりながら、風情豊かな景色を楽しむことができます。

【おすすめコース】
「金沢湯涌江戸村」、「金沢湯涌夢二館」見学後は、温泉街奥の玉泉湖周辺を散策。お戻りの際は「白鷺の湯」や足湯で疲れを癒してください。四季折々の美しさをお楽しみください。

イメージ画像

夢二の歩いた道

大正の詩人であり画家である「竹久夢二」と最愛の恋人「彦乃」が湯涌温泉で滞在した際に歩いた想い出の道です。薬師寺裏からの「古道」で、往復約1時間の散策をお楽しみいただけます。

イメージ画像

雪深い里山で、スノーシュー

冬の湯涌の里山は幻想的で雪深く、スノーシューがおすすめ。雪の世界を楽しんだ後は、ゆっくりと湯につかり、体を温め、疲れを癒してください。

イメージ画像

≪エリアの名物≫

① 金沢湯涌サイダー「柚子乙女(ゆずおとめ)」:柚子街道・湯涌温泉にちなみ、地元産の柚子を使用し、程よい甘さと柚子の香りが爽やかなサイダー。
② 金沢湯涌夢二(ゆめじ)館:大正ロマンを代表する詩人画家・竹久夢二が、湯涌温泉に滞在中に残した作品や資料などを展示している。
③ 白鷺(しらさぎ)の湯(総湯):紙漉き職人が泉で身を癒す白鷺を見て発見したと伝えられ、親しまれている。低料金で気軽に楽しめる。
④ 氷室開き:加賀藩が徳川家に雪氷を献上した歴史に由来する行事。毎年、冬に詰めた雪を6月末に氷室小屋から切り出す。 

湯涌温泉観光協会事務局

TEL 076-235-1040

湯涌温泉観光協会事務局ホームページ

交通案内

お車でお越しの場合

■北陸自動車道→金沢西I.C.または金沢東I.C.下車(兼六園経由で45~55分)

電車でお越しの場合

■JR金沢駅下車→北陸鉄道バス金沢駅東口→湯涌温泉行き(約45分)
※2015年3月北陸新幹線(長野~金沢)開業予定

フレンドショップ

イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域北陸(石川県)

【16年9月グランドOPEN】湯の贅を愉しむ大人の隠れ宿■湯の贅を心ゆくまでお楽しみ頂く為"北陸最大級"4つの貸切風呂入り放題■専用ラウンジでは生ビール&ワイン等アルコール&軽食が皆様FREE!■極上のひとときをお過ごし頂く為12室に6つの露天風呂付スイートルーム♪■北陸の味覚を心ゆくまで全室朝夕共に「個室お食事」で朝獲れの地魚を堪能

店舗詳細へ