ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】Shinobee Honey

【フレンドマーケット】Shinobee Honey

2021/4/5

自然な甘味と豊かな花々の香りが楽しめる完熟はちみつ

イメージ画像

ミツバチとともに自然と寄り添う暮らしから生まれた「はちみつ」

イメージ画像

兵庫県西部、岡山と鳥取の県境に位置する「宍粟(しそう)市」は、面積の9割が森林で1,000m級の山々が立ち並ぶ緑豊かな町です。ある有名旅行サイトのランキングでは「関西の紅葉カーペットが美しい町」部門で1位を獲得しています(宍粟市山崎町)。季節問わず、山々を中心に多くの人が自然を体感しに訪れます。市内や近隣地域には揖保(いぼ)川・千種(ちぐさ)川が流れており、揖保乃糸(そうめん)の産地としても有名です。

イメージ画像

はちみつとの出会いは、生まれ育った大阪を離れて上京した後、田舎でのびのびと子育てがしたいと滋賀県に移住したことがきっかけです。移住先で養蜂の師匠と出会い、そこで初めて「今まで本当のはちみつに出会っていなかった」ということに気付きました。このおいしいはちみつを広めながらミツバチとともに自然環境と寄り添う暮らしをしたいという思いから、数年間の修行期間を経て独立。その後、山々に囲まれた自然豊かな町「宍粟」と出会い、移住して養蜂業に取り組んでいます。

自然のおいしさをそのままお届けします。

イメージ画像

ミツバチは、花から花へと飛びまわり花蜜を集めます。集めた花蜜は巣に持ち帰り、酵素を加えたあと羽ばたきによる温風で余分な水分を蒸発させ、糖度を高めていきます。こうして一生懸命熟成させて糖度が80度近くになると、蜜を貯めた巣穴にふたをして貯蔵します。早期に収穫して人為的な熟成を行う方法もありますが、私たちはこうしてミツバチの仕事によってできた完熟はちみつだけを収穫し、みなさまへお届けしています。

イメージ画像

はちみつが持っているチカラを残したい。飼育方法、生産方法、ろ過方法…。さまざまな要素にこだわり、余計なものは加えず、余計に取り除きすぎないよう作り上げた私たちのはちみつに残ったものは、何より「おいしさ」です。自然な甘味はもちろんのこと、豊かな花々の香りをお楽しみください。

【Shinobee Honey】
〒671-4131 兵庫県宍粟市一宮町安積1034-1
tel. 080-2123-5202
お問い合わせはこちら

Shinobee Honeyの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン宍粟市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ