ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】安曇野ワイナリー

【フレンドマーケット】安曇野ワイナリー

2021/6/2

大地の一滴を醸すワイナリー

イメージ画像

ブドウの栽培、ワインの生産に適した環境

イメージ画像

安曇野ワイナリーがある長野県安曇野市は、雄大な北アルプス連峰の麓に位置し、豊かな自然環境を有しています。清らかな雪解け水に育まれた田園が広がり、多くの農産物を生み出します。また、長野県は「降水量が少ない」、「日照時間が長い」、「昼夜の寒暖差が大きい」、「水はけが良い」といったブドウ栽培適した自然条件を備え、ワイン用ブドウの生産量日本一を誇ります。

イメージ画像

2008年に創業を開始した安曇野ワイナリーは、株式会社安曇野ワインを樫山工業株式会社が買い取る形で始まりました。ワイン愛好家でもある社長の樫山宏が、醸造家の戸川英夫氏とともに経営再建に乗り出し、自社畑を開墾して自社畑産のワインの醸造を始めました。創業から一貫して長野県産のブドウのみを使い、クリアなワイン造りを目指しています。

長野県産ブドウを100%使用

イメージ画像

現在自社畑は3.3haあり、シャルドネ、ソーヴィニョンブラン、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培しています。その他の品種は契約栽培農家の方から仕入れています。自社畑では垣根のように樹を仕立てる垣根仕立てで栽培し、収穫はすべて手摘みで行っています。十分に熟した健全なブドウを丁寧に醸造し、醗酵や温度コントロールなど特別なことはせず、常に澱(おり)の状態を見て判断しています。

イメージ画像

収穫したブドウの味や香り、風味がそのまま薫るワインをお届けしたい―。その想いを込めてワイン造りに励んでいます。

【安曇野ワイナリー】
〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉6687-5

安曇野ワイナリーの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン安曇野市)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて
フレンドマーケットTOPへ

新着情報一覧へ