yamaten(ヤマテン) 山の天気予報

交通・情報・その他サービス

店舗案内

イメージ画像

高尾山からエベレストまで、国内外の山岳気象情報を提供する、国内唯一の山岳気象専門社です。一般登山者向けに、全国18山域59山の山頂天気予報を毎日配信しています。登山者に便利なメール配信もご利用いただけます。
月額利用料は、300円(税抜)となります。八ヶ岳のライブカメラと「猪熊隆之の観天望気講座」は無料

■提供情報
・予報山域:全国18エリア59山
利尻・大雪・飯豊・尾瀬・谷川・奥秩父・丹沢・富士山・八ヶ岳・北ア北部・北ア南部・中央ア・南ア・大峰(台高)・比良(冬季の週末のみ配信)・大山・石鎚・久住・宮之浦
・予報内容:翌日、翌々日の6時間毎の天気、気温、風向・風速、気象予報士のコメント
・大荒れ情報、今週末のおすすめ山域(毎週木曜日発表)、雨雲レーダー、各種天気図、山小屋気象情報、観天望気講座、山域ごとのツイッター閲覧、ライブカメラ、ヤマレコ記録閲覧

地域中部(長野県)

住所
〒391-0213
茅野市豊平638-1 マンションアークヒルズ402

TEL0266-78-7837FAX0266-78-7848

Webサイトhttps://i.yamatenki.co.jp/

モンベルクラブ会員特典

課金登録いただいた方に150ポイント プレゼント
※初回登録時のみの適用になります。

<登録方法>
「山の天気予報」(https://i.yamatenki.co.jp/)にアクセスし、画面の指示に従って課金登録をお願いいたします。登録完了後に配信される確認メールに「モンベルクラブ会員番号」と「氏名」を入力のうえ、「club@montbell.com」まで転送してください。後日、ポイントが加算されます。
※会員番号とご氏名の入力忘れにご注意ください。

関連情報

冬山お天気ワンポイントアドバイス【2019年11月6日】

イメージ画像

冬山は風が弱いときに登りたいもの。いくら天気が良くても風が強く吹いていると、体温が奪われて低体温症のリスクも出てきます。
そこで、今回は風の強さを予想する方法をお伝えします。風の強さは天気図に書かれている線(等圧線)の間隔で調べることで推定できます。線の間隔が狭いほど風は強く吹き、広いほど風は弱くなります。低体温症のリスクが出てくる平均風速10m/s以上になるのは、この間隔が東京/名古屋間の距離よりも狭くなるときです。
登山前日に、気象庁やヤマテンの予想天気図を確認してみましょう。登る山の辺りの線の間隔が、東京/名古屋間の距離よりも狭ければ、森林限界を超えるルートや開けた場所を長く歩くコースはやめて樹林帯や谷沿いのコースに変更しましょう。
また、線の間隔が朝のうちは広く、昼頃から急に狭くなる予想になっているときはもっとも気象遭難が起こりやすいので注意しましょう。高い山では風が急速に強まり、天気も急変する恐れがあります。

左図:気象庁提供のものを猪熊が加筆したもの

なお詳しい山の天気予報は、「https://i.yamatenki.co.jp/」(月額300円+税 の有料サービス)でご確認いただけます。