フレンドタウン 気仙沼市

イメージ画像

地域 東北(宮城県)

海と生きる 世界の港町

東北地方宮城県の北東に位置する気仙沼市は、三陸復興国立公園に指定された海や山の美しい自然に囲まれた港町です。アクティビティを通じて、海とともに生きてきた人々の暮らしや文化に触れることができるエリアです。

エリア案内

イメージ画像

海と生きる 唐桑半島をトレッキング

唐桑(からくわ)半島には、複数の神社を歩いて回りながら海の安全を祈る参詣文化があり、町内には70以上の神社が点在しています。変化に富んだリアス海岸や、小さな神社への参道、森の道などを歩き、海とともに生きてきた地域の人々の暮らしや文化に触れることができます。

<宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」(約10km 約4~5時間)>
唐桑半島ビジターセンター→御崎神社→御崎岬→神の倉の津波石→弥右衛門坂→椿のトンネル→唐桑御殿の家並み→笹浜漁港→折石→半造

イメージ画像

日本最大級のツツジの名所、その数50万本

標高711mの徳仙丈山(とくせんじょうさん)には50万本ものツツジが自生し、5月中旬から下旬にかけて満開を迎え、山全体を真っ赤に染め上げます。登山口からゆっくり歩いて40分ほどの山頂からは、紺碧の太平洋と青空が織りなす絶景を眺めることができます。

イメージ画像

「緑の真珠」気仙沼大島までサイクリング

「緑の真珠」と呼ばれる気仙沼大島は、かつて船でしか行くことができませんでしたが、2019年4月に本土と島を繋ぐ気仙沼大島大橋が開通しました。気仙沼駅前観光案内所に配置しているレンタイサイクルを利用して橋を渡り、島内の周遊を楽しむことができます。

<おすすめのコース>
気仙沼駅前観光案内所→海の市→魚市場→内湾→神明崎→大島大橋→亀山→小田の浜→龍舞崎

イメージ画像

≪エリアの名物≫

① 刺身・寿司:気仙沼市は、世界三大漁場の三陸沖から獲れる鮮度の高い海産物を使った寿司や海鮮丼、フカヒレなどのおいしい料理が食べられるグルメの町です。
② 漁業体験、氷屋・函屋見学:漁師と一緒に、カキやホタテがどのように育てられているのかを学ぶことができるほか、氷屋や函屋など普段はなかなか見ることができない、港町気仙沼の漁業を支える舞台裏の見学や体験ができます。
③ 東日本大震災遺構・伝承館:気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館は、震災の記憶と教訓を伝承するため、“目に見える証”として津波で4階まで被災した気仙沼向洋高校旧校舎を「震災遺構」として保存し、展示や研修会場を備えた「震災伝承館」と併せて公開しています。また、見た人の心に残り、防災意識の向上につながるよう、「語り部・館内ガイド」や「防災セミナー」の提供などを行っています。
④ 気仙沼みなとまつり:市を挙げて大々的に行われる夏のビッグイベント。パレードや海上花火大会など、さまざまなイベントが行われます。

気仙沼市産業部観光課

TEL 0226-22-3438

気仙沼観光推進機構

交通案内

車でお越しの場合

仙台→気仙沼 約1時間20分(仙台港北IC→気仙沼中央IC)

電車でお越しの場合

東京→一ノ関(東北新幹線 2時間45分)→気仙沼(大船渡線 約1時間25分)
仙台→一ノ関(東北新幹線 32分)→気仙沼(大船渡線 約1時間25分)

高速バスでお越しの場合

仙台→気仙沼 約2時間30分

フレンドショップ

イメージ画像

展示・博物館

地域東北(宮城県)

三陸復興国立公園・唐桑半島の自然や人々の暮らし、津波などについて展示・紹介している施設です。津波体験館は、映像・音響・振動・送風により、津波を疑似体験できる全国初の施設です。

店舗詳細へ
イメージ画像

宿泊施設

地域東北(宮城県)

背中には森を、ふところには大海原を抱いた、宮城県と岩手県の県境にある小さな半島の小さなユースホステルです。

店舗詳細へ